print

『通変星』と『蔵干通変星』からのメッセージ

「通変星(つうへんせい)」と「蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)」について解説しましょう。
「通変星」と「蔵干通変星」には、同じ星たちが登場し、メッセージを与えてくれます。
以下の10種類の星です。


『印綬』

「いんじゅ」と読みます。「学問と名誉」を表します。
教養があって知識が豊富な人に対する憧れが人一倍強く、少しでも頭が良くなることに興味を持っています。


『偏印』

「へんいん」と読みます。「ファイトと発想」を表します。
熱しやすく冷めやすいところがあり、仕事も恋愛も長続きしない傾向があります。そのときの気分で価値観が変わるところがあり、また、秘密主義のため自分の考えを他人にはほとんど明かしません。


『正官』

「せいかん」と読みます。 「信用と気品」を表します。
「正官」の「官」は官吏を表し、気品のある家柄、高いプライドを意味しています。無駄を嫌い几帳面な性格から、時間やお金にルーズな人を嫌います。


『偏官』

「へんかん」と読みます。 「野生と頭脳」を表します。
公の資格や役職などにこだわらず、実力で地位を勝ち取るという意味があります。責任感、攻撃本能が強い、行動力、スポーツ、大胆、親分肌などと解釈します。


『正財』

「せいざい」と読みます。「着実と正直」を表します。
正しい形で財を成すという意味から、着実で堅実な性格を表します。とにかく真面目で、仕事も恋愛もいい加減なことができず、どんなことにも慎重に対応します。


『偏財』

「へんざい」と読みます。「多趣味多才」を表します。
「財」は財産や人脈、情報を表し、「偏財」は偏った財を持つことを意味します。お金には縁があるのに、それは「回転財」なため、大金をつかむと使ってしまいます。


『傷官』

「しょうかん」と読みます。「型破りと聡明」を表します。
もっとも真面目で誠実な「正官」を傷つけてしまうほど、シャープな頭脳と強い意志を持っているのが「傷官」。思ったことはストレートに指摘して、相手が落ち込んでも全く気にしない性格です。また「傷官美人」という言葉があるほど、美人が多いのも特徴です。


『食神』

「しょくじん」と読みます。「快楽と食通」を表します。
困ったことが起こっても、誰かが不思議と助け船を出してくれる運の良さから、性格は穏やかでノンビリしています。また、「食神」には子供という意味もあるため、子供が好きだったり、いつまでも子供のように純粋だったりということも表します。


『劫財』

「ごうざい」と読みます。「意地」を表します。
どんなことをしてでも財を奪うという意味から強い上昇志向を表します。いろいろなタイプの人から自分にはない才能や能力を学ぼうとするため、自然と社交的になります。


『比肩』

「ひけん」と読みます。「学問と名誉」を表します。
文字通り他人と肩を並べるという意味から自立心が強く、相手に甘えることができない性格で、どうしても勝ち負けにこだわってしまいます。


鳥海伯萃

2005年04月20日(0)コメント(1)トラックバック

【読者相談】主人を信用できますか?

鳥海先生、こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
私は、30歳のNBと言います。
現在結婚して2年3ヶ月になるのですが、1年ほど前、主人に借金があることが発覚しました。既に返済は終えたのですが、また騙されるというか内緒でお金を借りてしまわないか不安です。
信じてもいいのでしょうか?
できれば来年、再来年あたりでマイホームを購入したいと思っているのですが、止めておいたほうが良い時期などはありますか?
鳥海先生、教えてください!

"【読者相談】主人を信用できますか?"のつづきを読む

2005年04月12日(0)コメント(0)トラックバック

ブライダルネット社のパーティにてお話


先日、とても気持ちの良い土曜日に、ヤフーグループのブライダルネット社主催のパーティに行ってきました。

当日は、男性20名、女性20名の参加者のみなさんと楽しいひとときを過ごすことができました。
みなさんには「四柱推命命式表」をお渡しし、出会いや恋愛などでの注意点などをお話させていただきました。

年齢を重ねるにつれてどうしても理想が高くなり、かつ無駄を嫌う傾向があるように思います。

「今さら、普通の人と結婚できない」「今さら意味のない恋愛なんてしたくない」…。

自分で自分に枷をはめて、可能性を閉じてしまうのはとても残念なことだと思います。
理想を下げろとは言いません、無駄を嫌うなとも言いません。
ただ、目の前の異性とも普通に会話することが、素敵な恋愛への第一歩だと思うことも必要なことではないでしょうか。


当日、時間がなくゆっくりお話できなかった方々、すみませんでした。
また、機会があればゆっくりお話しましょう。


鳥海伯萃

2005年04月04日(0)コメント(0)トラックバック

【セミナー】 セルフコーチング実践講座

ライブドア社でセミナーをやることになりました。

「占い」というと、テレビや雑誌で見る「今日の運勢」とか「今月の恋愛運」とかをイメージされる方が大半だと思いますが、専門的な占いの書籍やインターネットでの有料コンテンツ、対面鑑定などでは、詳細にその人の宿命や運勢を判断することができるということをお分かりいただけると思います。

私は、「占い」とは、人が幸せに生きるために活用すべきだと思い、私はそのお手伝いをする役割を担っていると考えています。

運勢の良し悪しに一喜一憂することなく、自分の天命を受け止めて、前向きに生きていけば良いと思います。

「天命を知って、運命を変える」

これが占いの役割です。

今回のライブドア社のセミナーでは、占いで自分を客観的に知り、仕事や恋愛、人生を楽しむためにはどうすべきか?ということをテーマに解説したいと思っています。もちろん、相手(恋人や上司、取引先など)を占い的に分析することで、無意味な衝突を避け、お互いハッピーになれるコツについても解説します。

また、堀江社長とライブドアの成長を運命学的に考察してみようと思っています。
今から楽しみです。
是非、興味のある方は参加してみてください。

余談ですが、堀江社長とは、共通の友人を介して何度か食事をご一緒したことがあります。いつもとても楽しく、時間の経つのを忘れてしまうほどです。こうしてお仕事のご縁をいただけたこと、とても嬉しく思います。

鳥海伯萃

2005年04月04日(1)コメント(2)トラックバック