print

【読者相談】主人を信用できますか?

鳥海先生、こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
私は、30歳のNBと言います。
現在結婚して2年3ヶ月になるのですが、1年ほど前、主人に借金があることが発覚しました。既に返済は終えたのですが、また騙されるというか内緒でお金を借りてしまわないか不安です。
信じてもいいのでしょうか?
できれば来年、再来年あたりでマイホームを購入したいと思っているのですが、止めておいたほうが良い時期などはありますか?
鳥海先生、教えてください!


NBさん、こんにちは。ご主人のことを愛してらっしゃるのですね。
2007年から三年間、団塊の世代の人達が定年になります。団塊の世代の人達とは、今の日本で最も多い人口割合を占め、その人達が定年を迎えるということは、所得税や住民税、年金などが国に入らなくなり、国の税収は枯渇します。また、2008年には大量の国債が満期を迎え、国は満期返戻金を支払わなければなりません。そのような時代だということをまずお話してきますね。
ご夫婦が年齢的にローンが組めないのなら仕方ありませんが、お二人はまだ若いので、もう少し先の2009年以降に家の購入を考えるべきです。そうしないと、慌ててローンを組んだりしたら、税法が変わり払えなくなることが十分に考えられます。しかも、いまも都心部ではマンションは乱立していて、間もなくマンション物件の価格は暴落すると言われています。二年後くらいは一番高い物件を購入することになりそうです。今はとにかくお金を貯めることを考えるべきでしょう。幸いお二人には「帝旺」という運勢の強い星が共通であるため、力を合わせれば、持ち家を持てると思います。できれば、あなたは、結婚してもお
子さんが生まれても仕事は続けた方がいい運勢です。そのため、今から派遣社員やパート、事務などではなく、将来に渡って続けられるような仕事や能力を身につけることが大切です。もし、働かなかったり、怠けたりしたら、確実に運勢は落ち込み、結果、災いがふりかかります。ご主人をあてにするのではなく、自分でもお金を稼ぐことを考えれば、もっと余裕のある生活ができるはずです。
これは、占いではありませんが、家を持つということは本来は、半分くらいの頭金を用意してローンを組むべきものです。50%が難しいなら30%。全く頭金を用意せずに、全額ローンで家を購入している人は、結局は自分のものにはならずに手放すことになってしまうでしょう。自分の経済力に合ったものを買わないと、自分のものにはならないということなのかもしれません。ほしい家の金額設定を誤らないようにしましょう。

どうぞお二人で力を合わせて、素敵なお家を手に入れてください。応援しています。


鳥海伯萃


2005年04月12日(0)コメント(0)トラックバック

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.toriumihakusui.com/mt/trackback/15

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)