print

十二運星とは

十二運星について解説していきます。

十二運星とは、運勢の強弱、盛衰を人の成長過程にたとえて表現しています。
しかし強弱だけではなく、性格や才能、能力なども意味しているので、十二運星の解釈は簡単ではありません。
総合的に命式を判断しながら、ひとつひとつの十二運星の意味を判断しなければなりません。
また、「死」や「病」といったその漢字からくる暗いイメージは、鑑定する際には関係ありません。

【長生】(ちょうせい)
「幼児」や「長男・長女」の意味を持ちます。
他人から信用される印象があります。

【沐浴】(もくよく)
「少年」の意味を持ちます。
生まれた土地から離れるという意味があることから自由気ままな印象があります。

【冠帯】(かんたい)
「青年」や「女王様」の意味を持ちます。
向上心が強く派手な環境を好む印象があります。

【建禄】(けんろく)
「壮年」や「王子様」の意味を持ちます。
地道な努力家という印象があります。

【帝旺】(ていおう)
「頭領」や「王様」の意味を持ちます。
読んで字のごとく、まさに王様のような気質からどことなくカリスマ性を持っている印象があります。

【衰】(すい)
「老人」の意味を持ちます。
慎重で控えめ、保守的で無駄な冒険を好まない印象があります。

【病】(びょう)
「病人」や「音楽・芸術家」の意味を持ちます。
人当たりは良く、だれとでも仲良くなれる印象があります。

【死】(し)
「死人」や「霊感」の意味を持ちます。
消極的だが探究心が旺盛な印象があります。
直観力に優れています。

【墓】(ぼ)
「入墓」や「墓守」の意味を持ちます。
保守的で無駄を嫌う印象があります。
先祖との縁が非常に深いことから、特別な運を生まれながらにして持っています。

【絶】(ぜつ)
「あの世」の意味を持ちます。
気分屋で飽きっぽく、時間にルーズな印象があります。
芸能界など芸術に関わる業界で活躍することが多いようです。

【胎】
「胎児」や「お天気屋」の意味を持ちます。
多芸多才でつねに現状に満足することなく理想を追い求め、落ち着かない印象があります。

【養】(よう)
「赤子」や「養子」の意味を持ちます。
母親との縁が深いためか、甘えん坊で、つねに目上の人から引き立てられる印象があります。


鳥海伯萃


2009年11月12日(0)コメント(0)トラックバック

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.toriumihakusui.com/mt/trackback/28

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)