print

十二運星の理想的な形

四柱推命式を読むうえで「通変星」の次に大切なのが「十二運星」の理解でしょう。

これは人が生まれてから死に、また生まれ変わるさまを表した星が運勢の強弱を表し、運命に関わっていることを表しています。

十二運星は「長生」「沐浴」「冠帯」「建禄」「帝旺」「衰」「病」「死」「墓」「絶」「胎」「養」の十二種類から成り立っています。

「冠帯」「建禄」「帝旺」などのいかにも強そうな星(身強の星)と、「衰」「病」「死」「絶」など何となく弱々しい星がありますが、強そうだから立派であるとか弱いから失望するといった単純なものではありません。

理想的な「十二運星」の組み合わせは、「身強の星(「冠帯」「建禄」「帝旺」)をひとつと、それ以外の星をふたつという組み合わせになります。

できれば、社会や家庭、仕事面での天命を表す「月柱」にこの「身強の星」があって、「年柱」や「日柱」などに「胎」や「養」「病」などの比較的、運勢エネルギーの小さい星を持っていることが理想です。

ここでも大切なことは、命式表の星に振り回されることなく、自分の生き方やどういう人間でありたいかということ、つまり理想や現実とのバランスで考えるということです。


鳥海伯萃


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ blogram投票ボタン

2009年11月19日(0)コメント(0)トラックバック

通変星「三徳」の教え

四柱推命式を読むと気に中心となる星は「通変星」です。
これは、大きく五つのグループに分けることができます。
「比肩」と「劫財」は、自立心を表す「自星」。
「食神」と「傷官」は、遊び心やセンスの良さを表す「遊星」。
「偏財」と「正財」は、財運や人気運を表す「財星」。
「偏官」と「正官」は、行動力や責任感の強さを表す「官星」。
そして、「偏印」と「印綬」は、知識や教養を表す「印星」。
これらのグループの星を全て持っていればバランスが取れた命式になりますが、ほとんどの人は何かが掛けています。
足りないグループの星の意味をしっかりと理解し、後天的に努力することであなたの弱点や欠点を克服することができるのです。
そして、一般的には「印星」「官星」「財星」が命式に全てそろっていれば「三徳」といって運勢バランスが優れていると判断します。

ここで注意深いことは、「印星」「官星」「財星」という順番だということです。
決して「財星」「官星」「印星」ではなく、「官星」「財星」「印星」でもありません。
つまり、どんなことをするにも、まずは、その商品やサービスを徹底的に勉強し、豊富な知識を身に付けてから(「印星」)、行動し(「官星」)、お客様に理解され、人気が出るということでお金が生まれる(「財星」)。
そういう流れを確立することが大切だという教えなのです。

世の中にはさまざまな職業があり、じつに学ぶべきことが多いはずなのに、この流れを理解せずに、簡単に自分には合わないと判断したり、向かないと思ったりして仕事を放棄し、悩む人がとても多いのです。
まずは、しっかりと勉強してだれにも負けない充実した知識を持ち、説明脳力を高めるべきです。
のうすれば、何事にも自信が持てるようになり、行動範囲が広がったり、内容ある経験を増やしたりすることができるでしょう。
生きていくうえで、「体験」は大切な要素になります。
それは、行動力を高めることが重要になるのです。
そして、行動すれば、当然のことながら理解者も増え、人気が出たり、支持してくれたりする人たちに支えられて収入が安定するのです。

このように古くからの教えを四柱推命にも見ることができます。
命式表の星だけでバランスを考えず、足りなければ後天的に自ら補う気持ちが大切です。


鳥海伯萃


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ blogram投票ボタン

2009年11月18日(0)コメント(0)トラックバック

陰陽五行説とは

陰陽五行説について解説していきます。

陰陽説と五行説を合わせ、陰陽五行説と呼びます。
陰陽五行は十分類になり、次の表の通りそれぞれの十干と同じ意味を持っています。

pict2009111701.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ blogram投票ボタン

"陰陽五行説とは"のつづきを読む

2009年11月17日(0)コメント(0)トラックバック

天中殺とは

天中殺について解説していきます。

天中殺とは、日柱の干支(60種類)から割り出される、12年に1度必ず訪れる不運の2年間で、空亡とも呼ばれるものです。
年柱の干支から割り出される空亡も天中殺の一部ですが、あくまでも日柱から出した空亡が天中殺のため、年柱から出したものは補足程度に考えたほうが良いでしょう。
この時期は、災いやトラブルに見舞われやすく、結婚や転職、引越しなど何か新しいことを起こすと、良い結果が生まれないとされています。
またこの天中殺の前年に当たる年も、天中殺ほどではないにしろ、同様な意味があると言えるでしょう。
天中殺は確かに不運な時期を表しますが、その時期を避けて行動を起こすことによって、運勢の低下を避けることができます。
また、その時期の過ごし方によっては、その後の人生に幸運をもたらすことが可能になるでしょう。

干支にはそもそも陰陽五行の思想が入っていることから、生まれながらにして「陰」と「陽」の性質に分類されています。
天中殺の時期やそのパターンを考える際に、流派によっては、陰陽を見ない場合や、年柱などの陰陽を見る場合などがあります。
鳥海伯萃流では、日柱の干支から天中殺のパターンを算出し、陰陽を分け、「陽」を持っている人は前の年、月、日から、「陰」の人は後ろの年、月、日までを天中殺の時期と考えるようにしています。
さまざまなデータをもとに導きだしており、これが最も人生を純粋に表しているとの判断です。

たとえば・・・
日干支番号が奇数なら、+(陽)、偶数なら-(陰)になります。
1. 甲子 → 戌亥+
2. 乙丑 → 戌亥-

"天中殺とは "のつづきを読む

2009年11月16日(0)コメント(0)トラックバック

十二運星とは

十二運星について解説していきます。

十二運星とは、運勢の強弱、盛衰を人の成長過程にたとえて表現しています。
しかし強弱だけではなく、性格や才能、能力なども意味しているので、十二運星の解釈は簡単ではありません。
総合的に命式を判断しながら、ひとつひとつの十二運星の意味を判断しなければなりません。
また、「死」や「病」といったその漢字からくる暗いイメージは、鑑定する際には関係ありません。

"十二運星とは"のつづきを読む

2009年11月12日(0)コメント(0)トラックバック

四柱推命 占い講座

私のブログにある四柱推命の占い講座を順番に見れるようにまとめましたのでご活用ください。


四柱推命について

「四柱(四つの柱)」とは?

「干支(かんし)」とは?

『十干(じっかん)』からのメッセージ

『十二支』からのメッセージ

「通変星」と「蔵干通変星」とは?

『通変星』と『蔵干通変星』からのメッセージ

十二運星とは

天中殺とは

陰陽五行説とは

通変星「三徳」の教え

十二運星の理想的な形

2009年11月09日(0)コメント(0)トラックバック

『通変星』と『蔵干通変星』からのメッセージ

「通変星(つうへんせい)」と「蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)」について解説しましょう。
「通変星」と「蔵干通変星」には、同じ星たちが登場し、メッセージを与えてくれます。
以下の10種類の星です。


『印綬』

「いんじゅ」と読みます。「学問と名誉」を表します。
教養があって知識が豊富な人に対する憧れが人一倍強く、少しでも頭が良くなることに興味を持っています。


『偏印』

「へんいん」と読みます。「ファイトと発想」を表します。
熱しやすく冷めやすいところがあり、仕事も恋愛も長続きしない傾向があります。そのときの気分で価値観が変わるところがあり、また、秘密主義のため自分の考えを他人にはほとんど明かしません。


『正官』

「せいかん」と読みます。 「信用と気品」を表します。
「正官」の「官」は官吏を表し、気品のある家柄、高いプライドを意味しています。無駄を嫌い几帳面な性格から、時間やお金にルーズな人を嫌います。


『偏官』

「へんかん」と読みます。 「野生と頭脳」を表します。
公の資格や役職などにこだわらず、実力で地位を勝ち取るという意味があります。責任感、攻撃本能が強い、行動力、スポーツ、大胆、親分肌などと解釈します。


『正財』

「せいざい」と読みます。「着実と正直」を表します。
正しい形で財を成すという意味から、着実で堅実な性格を表します。とにかく真面目で、仕事も恋愛もいい加減なことができず、どんなことにも慎重に対応します。


『偏財』

「へんざい」と読みます。「多趣味多才」を表します。
「財」は財産や人脈、情報を表し、「偏財」は偏った財を持つことを意味します。お金には縁があるのに、それは「回転財」なため、大金をつかむと使ってしまいます。


『傷官』

「しょうかん」と読みます。「型破りと聡明」を表します。
もっとも真面目で誠実な「正官」を傷つけてしまうほど、シャープな頭脳と強い意志を持っているのが「傷官」。思ったことはストレートに指摘して、相手が落ち込んでも全く気にしない性格です。また「傷官美人」という言葉があるほど、美人が多いのも特徴です。


『食神』

「しょくじん」と読みます。「快楽と食通」を表します。
困ったことが起こっても、誰かが不思議と助け船を出してくれる運の良さから、性格は穏やかでノンビリしています。また、「食神」には子供という意味もあるため、子供が好きだったり、いつまでも子供のように純粋だったりということも表します。


『劫財』

「ごうざい」と読みます。「意地」を表します。
どんなことをしてでも財を奪うという意味から強い上昇志向を表します。いろいろなタイプの人から自分にはない才能や能力を学ぼうとするため、自然と社交的になります。


『比肩』

「ひけん」と読みます。「学問と名誉」を表します。
文字通り他人と肩を並べるという意味から自立心が強く、相手に甘えることができない性格で、どうしても勝ち負けにこだわってしまいます。


鳥海伯萃

2005年04月20日(0)コメント(1)トラックバック

「通変星」と「蔵干通変星」とは?

「通変星(つうへんせい)」と「蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)」について解説します。


「通変星」は、その人の性格や特徴、能力、適性、人との関わりなどを判断する上で、四柱推命においては最も大切な星です。ただし、「蔵干通変星」と比較すると、「通変星」はその人の内面や精神性を表すため、表には出ないこともあります。

「通変星」に激しい気性の星を持っていると、表面的には穏やかに見えても、二人きりになった時などは豹変することがあります。


「蔵干通変星」とは、「月柱」の「蔵干通変星」は、「主星(しゅせい)」といってその人が社会で活躍する上で最も重要な星であり、また、「日柱」の「蔵干通変星」は、自分自身の本質を表します。「年柱」の「蔵干通変星」は、家柄などのその人の原点を表します。「蔵干通変星」は、四柱推命では最も重要であると言えます。

ただし、この「蔵干通変星」の算出方法にはいくつかの流派が存在し、私の「鳥海伯萃流」では、最もポピュラーな「泰山流」とは微妙に異なっているため、「蔵干通変星」には違った星が出てくるかもしれません。四柱推命の本で出した命式(めいしき)と鳥海伯萃流で算出した命式が違うのはそのためです。

「鳥海伯萃流」では、現代のさまざまな状況を判断し、また、莫大なデータ量から蔵干表(ぞうかんひょう)を制作していますから、内容の的中率はかなり精度が高くなっていると考えます。


また、「通変星」と「蔵干通変星」には、同じ星たちが登場し、メッセージを与えてくれます。
「比肩(ひけん)」「劫財(ごうざい)」「食神(しょくじん)」「傷官(しょうかん)」「偏財(へんざい)」「正財(せいざい)」「偏官(へんかん)」「正官(せいかん)」「偏印(へんいん)」「印綬(いんじゅ)」の10種類です。

次に、これらの星のメッセージについて解説しましょう。


鳥海伯萃

2005年03月26日(0)コメント(0)トラックバック

『十二支』からのメッセージ

『十二支』とは、「子」、「丑」、「寅」、「卯」、「辰」、「巳」、「午」、「未」、「申」、「酉」、「戌」、「亥」の総称です。

『十二支』がいつ頃できたのか定かではありませんが、当初は12ヶ月の順序を示す記号として使われていたと言われています。それより前には、木星や月の周期を表す記号であったと言われています。

それを覚えやすくするために動物を割り振ったものです。『十二支』は、月だけでなく、年や日、時間、また方位にも割り当てられています。

では、『十二支』の持つメッセージについて解説しましょう。

"『十二支』からのメッセージ"のつづきを読む

2005年03月04日(0)コメント(0)トラックバック

『十干(じっかん)』からのメッセージ

『十干』とは「甲」、「乙」、「丙」、「丁」、「戊」、「己」、「庚」、「辛」、「壬」、「癸」の総称です。

『十干』は古代中国、殷の時代から日の順序を示す記号として使われており、1ヶ月を10日毎の上・中・下の三旬に分け、一日目から順に「甲」、「乙」、「丙」…と数えられたのが始まりだと言われています。

やがて陰陽五行説と結びつき、五行の「木」、「火」、「土」、「金」、「水」それぞれの「陽」を「兄(え)」に、「陰」を「弟(と)」に分けて『十干』に割り当てました。
そのため「丙」一文字で「火の兄(ひのえ)」と読むようになりました。

では、『十干』の持つメッセージについて解説しましょう。

"『十干(じっかん)』からのメッセージ"のつづきを読む

2005年03月04日(0)コメント(0)トラックバック

「干支(かんし)」とは?

「四柱」に意味を与える星たちの中でもっとも重要なものが「干支(かんし)」です。

これは、十種類ある「十干(じっかん:甲、乙、丙、丁、戊、庚、辛、壬、癸)」と、十二種類ある「十二支(じゅうにし:子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)」の組み合わせです。

「甲子」、「乙丑」、「丙寅」…(中略)…「辛酉」、「壬戌」、「癸亥」で六十種類あります。

すべての年、すべての月、すべての日がそれぞれこの六十種類のいずれかになっており、生まれた年月日それぞれの「干支」が「四柱」にメッセージを与えます。

また、年は六十年で、月は六十ヶ月で、日は六十日で一周します。
『還暦』は、産まれた年の『干支』が巡って来たことをお祝いします。

また、甲子園球場は『甲子』の年に建設されたために、こう名付けられたと言われています。

右にある「四柱推命式をチェック」というところで、あなたの「四柱推命式」を見ることができます。
あなたの「四柱推命式」を見て、ご自分の「年柱」「月柱」「日柱」にどのような「干支」があるのか確かめてみましょう。

それぞれの「干支」の意味については、追って解説していきたいと思います。

鳥海伯萃

2005年03月01日(0)コメント(0)トラックバック

「四柱(四つの柱)」とは?

四柱推命は、 『生まれた日(生まれた年・月・日・時間)』を、「四つの柱」に見立てて、さまざまなことを占う運命学ですが、今回はその「四つの柱」それぞれが、私たちにどのようなメッセージを与えてくれるのか?ということについて解説したいと思います。


年柱とは?

社交面や印象における天命が表れます。主に目上の人や親、上司との関係など。
また、人生においては主に初年期(~19歳)の運気が表れます。

月柱とは?

仕事や家庭における天命が表れます。仕事運や結婚運、家庭運など。
また、人生においては主に中年期(20~39歳)の運気が表れます。

日柱とは?

自分自身や恋愛における天命が表れます。才能や恋愛運など。
また、人生においては主に晩年期(40歳~)の運気が表れます。

時柱とは?

「鳥海伯萃流」では、あまり重視しません。生まれた時間を正確に知っている方が少なく、また、「時柱」まで出さなくても、占うことが可能だからです。


鳥海伯萃

2005年02月11日(0)コメント(0)トラックバック

四柱推命について

今年は、“占い師”として活動を始めて十年の節目の年です。


“次の十年にできること”ということで昨年よりいくつか準備を進めているものがあります。

それは、
・「四柱推命」に関して分かりやすく解説した書籍の出版
・楽しく生活を送ることができるように「四柱推命」を誰もが簡単に活用できるようにすること
です。


この『伯萃庵』も、もちろんそういう意味も持っています。
みなさんにもっと「四柱推命」をご理解いただけるように解説をしていきたいと思います。


四柱推命とは

太古の中国で生まれた「過去、現在、未来」を予見する運命学のひとつで陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基に、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いです。


東洋占星術の中でも最も信頼性が高く「占いの帝王」と呼ばれています。


東洋占星術においても西洋占星術においても、占星術は、どのような『星』が支配しているかで、その人の宿命や運命、運気の流れなどを推測します。

『星』という文字は、『生』まれた『日』と書きます。つまり人の宿命は『生まれた日』ですべて決まるのです。


四柱推命は、 『生まれた日』(生まれた年・月・日・時間)を、四つの柱『年柱(ねんちゅう)』『月柱(げっちゅう)』『日柱(にっちゅう)』『時柱(じちゅう)』に見立て、さまざまなことを占う運命学です。しかし自分の生まれた時間を正確に知っている方は非常に少ないでしょう。実際に占う場合は、生まれた時間の『時柱(じちゅう)』まで出さなくても、占いとして成立することから、生まれた年・月・日が分かれば宿命や運命を推測することができます。


この生まれた年・月・日が『年柱』『月柱』『日柱』に、それぞれ『干支(えと)』を示します。『干支(えと)』は60種類あり、この60種類の干支(えと)がさまざまなメッセージを私たちに示してくれます。

鳥海 伯萃

2005年01月20日(0)コメント(3)トラックバック